JAZZ LIVEのケータリング

先日は西大分 ブリックブロックで行われた
JAZZ LIVEにケータリングをしました。
ケータリングは基本的に承りません。
が、今回の主役のつるさんは私がフルートを再開するきっかけや大分で音楽を楽しむことを教えてくれたキーパーソンの様な方。
その方の還暦パーティーとなれば即答でお引き受けしました♡


お品書きは
出演者の方々は年齢層高めでしたので和食中心の身体に優しい系のご飯にしました。
【メニュー構成】
筍と芹のおにぎり
牛蒡と大豆肉の鶏飯風おにぎり
そら豆のおにぎり
黒米のお稲荷さん
クレソンと赤玉菜の雑穀巻き寿司
カボチャのキッシュ
大根の煮物
蕗の炊き煮
たけのこの揚げ餅(餡掛け)
レンコンの天麩羅
筍の天麩羅
新じゃがと大根と人参のソテー
もやしのナムル
玉ねぎと芹の鶏肉団子あんかけ
大葉と柚子胡椒の鶏ハム
梅の鶏ハム
切り干し大根
鹿尾菜と人参と揚げの煮物
サラダ(新玉ねぎの自家製ドレッシング)
フルーツ(葡萄、キウイ、オレンジ、メロン、苺)
そら豆とイチゴのヨーグルトミニパフェ
苺のチーズケーキ

80人前は流石に疲れたけど、
ジャズの生演奏の中でのケータリングなんてこの上ない幸せでございました♪

Maco.

Food Office 357.

和食文化国民会議 賛同企業 農林水産省 フード・アクション・ニッポン 推進パートナー企業 『視覚・嗅覚・感覚(手舌)からそして「知」をプラスαした食の世界を』 型にとらわれない独自の感性でのご提案をモットーに、 商品提案・販促指導・レシピ監修やカフェのメニュー開発など、各種の資格を生かした講座など食のコンサルティングに携わっております。 また城郭史を繋げて歴史料理の推進を行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000