フードアナリストという仕事

よく勘違いされるのですが私はフードコーディネーターではありません。
 
フードアナリストです。

フードアナリストはフードアナリスト協会の認定資格で、どちらかと言えばフードコーディネートされているものを評価する立場です。

フードサービスの評価・分析を行う専門家として、お店の料理、サービス、内装などを適切に評価し、
最新の飲食店、食文化、食のトレンドなどの情報を発信する人材がフードアナリストとゆう資格保持者です。
 

九州ではフードアナリストの認知度はまだまだ低いのですが、
オリンピックやラグビーワールドカップに向けて地域の食を総合的に伝える案内人として  
フードアナリストのガイドトレーナー育成も始まっています。

大分県でも是非に私達フードアナリストをご活用いただきたいです。




話は変わって…

仕事中に小腹が空き、
オフィスの冷凍庫に鳥手羽があった事をおもい出し、
有機のパクチーも運良く手元にあったので
グリーンカレーを作ったのですが…
思った以上に鳥手羽がたくましく、
メインディッシュのようなご馳走になってしまいました🍳😋

もはやこれは『グリーンカレー風チキンの煮込み』と名付けた方が良いような。

ま、これもまたありですな。


最近はめっきり外食をしなくなったので
たまにはナイフとフォークを使うかしこまったお料理でもいただきに行きたいです。


maco.

Food Office 357.

和食文化国民会議 賛同企業 農林水産省 フード・アクション・ニッポン 推進パートナー企業 『視覚・嗅覚・感覚(手舌)からそして「知」をプラスαした食の世界を』 型にとらわれない独自の感性でのご提案をモットーに、 商品提案・販促指導・レシピ監修やカフェのメニュー開発など、各種の資格を生かした講座など食のコンサルティングに携わっております。 また城郭史を繋げて歴史料理の推進を行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000